関西の劇団で役者、ダンサー、振付家として活動の後、1999年に渡米。 

 Dance Space Centerにてモダンダンス、ヨガ、HB Studioにて演劇を学ぶ。
 2002年、ダンス学校時代にスピリチュアル界のバイブルと呼ばれる「奇跡のコース(ACIM)」に出会い、香咲弥須子の元で学びはじめる。

 

 2004年7月、マンハッタンに日本語でACIMが学べるセンター、CRS(Center for Remembering and Sharing, 代表:香咲弥須子)がオープン。それと同時にカウンセラーとして活動を開始。

 瞑想指導や初心者のためのACIMクラスの講師等、活動の幅を広める。

 CRSヒーリングクリニックにもヒーラーとして参加。毎週3〜7人ほどへのヒーリングセッションを10年以上に渡り行った。
 CRSのウェブサイトで連載していた恋愛とACIM学習の記録「パラダイス」が多くの人に読まれ、この頃よりニューヨーク以外からもセッションの申し込みが入るようになり、電話やメール等でもセッションを開始する。

 

 その間にもパフォーミングアーティストとしての活動は継続。ベリーダンスグループCult of IsisのメンバーとしてVenus UprisingやTheatrical Bellydanceなどのショーに出演。

 

 2010年、ナチュラル・スピリット社より「パラダイス」が出版される。これは日本人作家としては初の「ア・コース・イン・ミラクルズ」関連書籍となる。

 

 2011年、英国オーラソーマ社認定のカラーセラピストとなる。

 2015年秋に日本に本帰国。

 2016年1月より日本でのACIMクラスを開始、大阪、東京で開講。

 2016年3月よりベリーダンス、演劇、カラーセラピーを組み合わせた、女性限定のダンスセラピー「ヴィーナスダンスセラピー」を始める。大阪、奈良、東京で不定期に開講。

​ 2017年2月、虹のしずくポジティブカラーシステムの色彩心理アドバイザーとして認定される。

 2017年7月より、京都にあるカラーセラピーの学校「虹色の学校」の「大阪/和歌山校」として、資格取得講座を開始。カラーセラピストの育成に取り組み始める。

 

 ニューヨーク、日本、ヨーロッパにクライアントが居る。